東北三十六不動尊霊場 第六番札所
羽黒山 荒沢寺 正善院
(はぐろさん こうたくじ しょうぜんいん)
宗旨:羽黒山修験本宗・本山
不動尊通称:荒沢不動尊
  • 御本尊:不動明王(荒沢寺)、聖観音(黄金堂)
  • 文化財:黄金堂、大日堂、地蔵堂、ほか仏像、絵画、古文書多数

御詠歌
闇き世を 明らけくこそ 照らすらし 法の切火の絶ることなく

所在地:
  〒997-0211 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向232
TEL:0235-62-2380
FAX:0235-62-2335

 荒沢寺の境内は羽黒山登山口の近くにある。
 由来は、崇峻天皇の代(587年)聖徳太子の従兄、蜂子皇子の草創と伝え、羽黒山の奥ノ院として女人禁制の聖域であった。皇子は、能除照見大菩薩と称され、南都諸大寺の法門に帰依し、法名を弘海と号した。諸国修行の途にあって怪鳥に案内され、羽黒山に登り、出羽三山を開いたという。
 その後、白鳳年間に役行者小角が入峯、大同元年には弘法大師が掛錫されたことを伝えている。

縮尺をクリックすると、詳細な地図が表示されます(Mapion
(縮尺:1/8000 1/21000 1/75000  1/150000

  • JR鶴岡駅下車
    庄内交通バス・羽黒山行き
    黄金堂、または荒沢寺前 下車